仏テレビ局で取材されたレイキ

各国のうつの対処法を紹介する番組

2017年のFrance Télévisionsの放送です

フェイスブックの「過去の思い出」で上がってきた記事。こんなこともあったな〜!と保存しておいたもの。
内容を再編して、ゆるりはブログに投稿することにしました。

レイキセラピー協会が月に一度、武蔵境の武蔵野プレイスでレイキの無料体験会をしているところをフランスのテレビ局が取材に訪れ、後日仁科まさき先生(私のレイキの先生であり、協会の代表)が臼井甕男先生のお墓を訪れる様子とともに放送されました。
30分番組の後半6分からレイキについての紹介が始まり、後半3分からが協会の部分です。

全くわからない言語の番組を繰り返し聴くのはかなり大変でしたが、フランス語のできる友人の力も拝借しつつ「もし身近にいる大切な人が落ち込んだり、うつ病になったらどうするか?ブルーな気分を取っ払って、バラ色の人生を送るための各国の様々なメソッドを紹介する」という内容の番組であることがわかりました!

ブラジル、イタリア、スペイン

ブラジルのアマゾンに生息する植物を煮出した飲料を飲んで踊るとうつ病に効くとか(脳のデータを出していたので、研究結果として効果が見えているのかしら)古からシャーマンの儀式などでも用いられている…の紹介から始まったので、何やら怪しいものの一つとしてレイキも紹介されてない?!と続けて見ていくと、次に紹介されたイタリアは、街頭インタビューの様子では、美味しいもの食べて笑って踊って、人生を楽しむのが一番よ〜という雰囲気。みんなで集まってビンゴのようなゲームをして遊んで笑って踊る様子が映し出されていました。

スペインでは、温暖な気候の土地でたっぷりの日光浴をする保養所?が紹介。北欧など日照時間が少ないところから来た年配のご夫婦かしら…。
皆悩んでいるストレスや落ち込みの対処療法として、ヨガや瞑想、フィットネスや登山、美味しい食事、ゆったりした時間をもつなどして、思考や気分の転換をはかろうとしているようですと、インターネットsurveyかなにかの情報を元に話しがあった最後、レイキの紹介に続きました。植物、太陽…ときての自然エネルギー療法という流れになっているのだと思います。

REIKIの紹介

日本の禅のイメージから、ポピュラーなものと紹介。
最初に紹介されたフランス人のヨガ講師さんは、西洋レイキの要素が強くてスピリチュアルよりな雰囲気ではありましたが、おそらく仁科先生が取材時に話しをした内容をしっかり捉え、後半3分、レイキはもともと治療目的で、戦前は大変人気があったとか、気分の落ち込みや不眠症なども薬に頼らず良くなる方法としてレイキが肯定的に紹介されていました。


フランス語は、ボンジュールボンソワールとサヴァとケセクセとコマンタレヴしか知らない私の超感覚的「ほんにゃく」なので信用度低いですが、一応フランス語のできる友人のチェックと訂正も入っているので概ねこのような内容であったと思います。

深夜かBS放送かもしれないけれど、日本でもこんな風にレイキが地上波で紹介される日…はそう遠くないに違いない!日本のもので、日本人が元来持っている感性の世界そのものなのだから。と2017年には書いていますが、2014年にNHKの地球イチバンという番組内で、セドナで出会ったレイキについて放送されていたことを最近知りました。(YouTubeで検索しましたものの、その回の番組は見当たらず残念です)

怪しいって思われていた「瞑想」だって今ではこんなに市民権を得てるのだから、意識はどんどん変わっていきます。(3年前も一つ前の記事で書いたことと同じこと書いてました。)

私たちも自然の一部。自然を上手に取り込み、本来のあるべき状態にからだを戻し、こころを整える。自然に感謝し、日々の恵みに感謝する

レイキを暮らしの中に取り入れ、日々レイキを使っていると、おのずと当たり前になっていきます。




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 国立大医学部の講義の中で靈氣の話

  2. 子育ての様々な場面とレイキをまとめました

  3. 私がレイキを知り、学ぶことにした時のこと

  4. 怪我の回復にレイキが役立った話をまとめました

  5. 医師が語る靈氣

  6. うつくしい自分になる方法:直傳靈氣

最近の記事

PAGE TOP