レイキ・靈氣について

レイキ(靈氣)は全ての物質の根源である自然エネルギー。私たちを形つくっているのは、目に見える肉体や水分のほか、目に見えないけれど鋳型となって存在しているエネルギー場です。氣やプラーナといった表現もありますね。

自然界に充ち満ち、そして自分自身の内と外にもあるこの自然エネルギーを、頭やからだ(患部)にレイキ(靈氣)のよく出る手を当てて、心身の健康管理や病気、怪我の治癒に役立てるのが靈氣を使った手当療法=レイキセラピーです。日常よくあるこころとからだの不調に、レイキ(靈氣)はいつでもどこでも自由に使え、確かな効果を発揮します。

やさしく手を当てるだけで、人間が本来持っている力=自然回復力・浄化力が活性化されるレイキ(靈氣)。家庭療法や代替補完療法として、自分自身の軸になるものとして、「レイキってスピリチュアルでしょ?」を遥かに超える 「本質のレイキ(靈氣)」「使えるレイキ(靈氣)」をご自身や家族、ペットのために身につけてみませんか?

ゆるりはではスクール事業のほか「自分自身の回復ケア」や「こころの回復ケア」を扱っています。伝統的な靈氣の習得で、傷ついたご自身のエネルギー補給とケアができるツールを手に入れ、「安心・安寧」の支えとなったり、「シンプルな生き方」への近道になったり、変容の促進に繋がったり・・・。手当て療法習得以上の喜ばしい結果や、こころの豊かさを手に入れることができます。

レイキを暮らしの一部に

本来誰もが持っている癒す力を、暮らしの中で当たり前のように取り入れてゆくと喜ばしいことがたくさん起きていきます。

セラピスト貴子より

仕事に取り入れ、家族みなが「レイキ使い」になって13年以上が経ちます。娘も8歳の時に西洋式レイキを身につけ、不調時には自分で手を当て、また必要な時には「レイキして」「遠隔して」とお願いしてきます。以来殆ど医者にかかることも薬を飲むこともなく治してきています。成人して、自分や大切な人に遠隔もできるようになりたいと、最近になってようやく直傳靈氣の傳授となりました。

2022年現在、15歳になるペットの犬は、一度も風邪を引いたこともなく、不調の殆どはレイキ(靈氣)で治し、医療費削減とペット自身の受診ストレス回避に役立てています。高齢になっても若々しいのは、レイキ(靈氣)のおかげに他なりません。

闘病中・入院中の家族や親族や友人には、例え離れていても、会うことが叶わなくても、不快な症状の軽減や、ストレスの緩和、あるいは治癒の促進にと遠隔でできることがあります。こんなに有難いことはありません。

切り傷、やけど、風邪の引き始めや急な発熱、胃痛、腹痛、腰痛、術後の回復、眼精疲労、脳疲労、ストレスによる心の疲れ・・・お家で、野外で、あらゆる場所で、「レイキ(靈氣)があって良かった〜!」と感謝する場面が数え切れないほどあります。また、旅先や、被災した時、いざという時にでも「手さえあればレイキ(靈氣)でケアできる」という安心感と喜びは何にも代え難いものです。

大きくやさしく包み込む自然エネルギーと、人肌の温もりがある生活は、都市生活の中で失われがちなゆったりとした時間を生み出します。他者とのふれあいや関わり合いが人生をより豊かにすること、美しい自然との共生の大切さと有り難さ、当たり前にある幸せ、私たちの中には氣血水が確かに通っていること、私たちは地球人であること・・・

レイキ(靈氣)がそれに気づかせてくれることでしょう。

レイキを暮らしの一部に
より人生を穏やかで、豊かなものに

レイキ・靈氣についての詳しい情報や説明は
【ゆるりはブログ→レイキについて】に綴っています

家庭療法としてのレイキ普及を目指しているレイキセラピー協会の会員です

レイキセラピー協会のサイトはこちら

直傳靈氣(じきでんれいき)

西洋に渡ったREIKIや逆輸入して広まったレイキの影響を全く受けていない、当時伝えられたままの「伝統的な靈氣」を学び、その本質と共に習得することができます。
私自身は西洋式レイキも使えるセラピストですが、ゆるりはでは、私自身の意志に矛盾がなく、伝えたいことが傳えられる直傳靈氣の傳授を丁寧にしています。また、レイキに興味関心があるけれど「どこで何を選んだら良いか」と迷われていたり、様々な情報が溢れていて「レイキあやしい」などレイキに対して疑心暗鬼な考えをお持ちの方には、レイキ習得を直傳靈氣から始められることを自信を持って推奨しています。

直傳靈氣はこちらから

 

ファミリーレイキ

一般的に普及しているレイキ(日本生まれの靈氣から海外へREIKIとして伝わり日本へ逆輸入という形で近年広まったレイキ)に相当するもので、レイキの実践的エッセンスを凝縮した実習メインの講座です。

 

ファミリーレイキはこちらから

 

 

PAGE TOP