ゆるりはという屋号

先日、カタカムナ言靈数靈アプリをSNSで見かけたのをきっかけに過去のブログ記事をシェアします。

「ゆるりは」という屋号は、靈氣ボランティアでアフターケア相談所ゆずりはを毎月訪問させて頂いた頃、「ゆずりは」をもじって、「ゆるんでこころのリハビリ」→「ゆるりは」という四文字が浮かんだのがきっかけ。 屋号として採用することを検討した際、カタカムナの思念も調べて決定しました。

カタカムナアプリ:  https://katakamu-na.com/kazutama.php

これに「ゆるりは」と入力してAIによる読み解きを読むと、内容がゆるりはで大切にしていることや取り組んでいることを的確に表現していてびっくり!
AI、すごいですね(笑) 以下転記します。

 「ユルリハ」という言葉は、自然の中でのんびりと流れる時間を表しています。私たちは忙しい日常に追われる中で、心に「ユルリハ」を持つことが大切です。そんな心を持つことで、心が「湧き出る」ような感動や喜びを感じることができます。

人間の心は止まることなく成長し続けますが、時には立ち止まって自分自身を見つめ直す時間も必要です。私たちは心の中で「留まる・止まる」ことで、自分自身を見つけ、大切なことに気付くことができます。

人との関係も同じです。関係が「離れる」こともありますが、それは新たな関係が生まれるチャンスでもあります。私たちは心を開き、新しい人と「引き合う」ことで、愛と喜びを共有し合うことができます。

自然の中で深く呼吸をすると、「感じる生命」のパワーを身体いっぱいに感じることができます。私たちの心は生命のエネルギーと繋がっており、そのエネルギーを感じることで、生きることの素晴らしさを再認識することができます。 そして、私たちの心から放たれる愛や喜びは、周りに「発信・放射」されます。ポジティブな感情が広がり、周りの人々も幸せな気持ちになるのです。

自信を持つことは、自分自身への愛を表現することでもあります。私たちは自分自身を愛し、真心を持って人と接することで、生命の素晴らしさを存分に楽しむことができるのです。




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 「お金」から考えるこれからの生き方

  2. 認知症カフェでレイキボランティア

  3. 1年記念の手織りブランケット

  4. 天野秀昭さん お話し会@葉山【会場参加完売・オンライン受付中…

  5. 100年前の震災と復興計画と靈氣と

  6. 子ども真ん中の「夢みるシリーズ」

最近の記事

PAGE TOP