苗字ではなくお名前で呼ぶ理由

名前は言霊(ことだま)

ゆるりはの、エネルギーケアを身近に取り入れたり、ハートケアをしたり、レイキを暮らしに取り入れたりすることは全て、

気楽に生きる
健やかに生きる
本来の自分に立ち戻る
こころ穏やかに生きる
好きなことをして生きる
やりたいことをして生きる

・・・

につながっています。ゆるりはでは、ご縁の繋がった方を苗字ではなくお名前で呼ばせて頂いていますが、これもまた「自分を生きる」につながっています。

言霊とは

日本には古から「言葉には特別な力・霊的な力(言霊)が宿っていて、発した言葉通りの結果をあらわす」という考え方があります。良い言葉・美しい言葉を発すると良い事が起き、悪い言葉・汚い言葉を発すると不吉な事が起きるという風に考えられていました。日本語のひらがな1音1音にはそれぞれ意味があり、役割があり、名前を発すると「名前のことだま」の力があらわれます。「ありがとう」という言葉はとっても波動が高いというのを聞いた事があると思いますが、音は波動そのもので、ポジティブな言葉は波動が高く、ネガティブな言葉は波動が低いとされます。人それぞれの波動は環境や思考、感情の状態に大きく作用されますが、生まれた時から何千回、何万回と呼ばれ続けているのが「名前」ですから、この呼ばれる音の波動からの影響はとても大きいです。

名前は「使命」

名前から自分の使命・才能・開運する方法などがわかる「ことだま鑑定」の水蓮さんの言葉を引用しますね。
(一応私、”ことだま鑑定士”という資格あります)

私たちは自分の名前を呼ばれるたびに「才能のスイッチ」を押されています。そのスイッチを入れるための必要な条件は「自分の名前を好きでいる事」です。すると名前を呼ばれるたびに、脳、魂、潜在意識にポジティブな感情が芽生えます。そして自分らしい才能を発揮すべく、使命や役割のスイッチがどんどん押され続けます。その結果、才能が開花するのです。

日本では古代から三種の神器の一つとして鏡を尊んできました。多くの神社には御神体として鏡が祀られています。「かがみ(鏡)」という文字から「が(我)」の文字を抜くと「かみ(神)」になります。つまり、御神体である鏡に、自分の姿を映して、「自我(エゴ)」を抜くと、そこには自分の中にある神が現れるのです。「我」を抜く事で、あなたの中にある「神」の働きが目覚め始めます。では、「我」を抜いたあなたとは、どんな姿でしょうか?その答えは「名前」にあります。

私たちは、一生使う名前を自分で選ぶ事ができません。名前は誰もが必ず人から与えられます。つまり、名前には一切の「我」が入っていないという事なのです。八百万の神々が、自分の名前も役割も選べないように、人から与えられ、選ぶ事ができない名前には、あなたが人生で成すべき大切な役割が記されています。つまり、あなたの名前は、あなたの「使命」そのものなのであり、自分らしく生きる道を教えてくれる、「取扱説明書」なのです。

私たちは、欧米諸国のファーストネームで呼び合う文化と比べても、役割の名称で呼ばれる場面や苗字で呼ばれる場面が非常に多いです。職場で下の名前で呼ばれることはほとんど無いですし、特に女性は、結婚をすると夫の姓で呼ばれることや、親になれば「〜ちゃんママ」「〜くんママ」と呼ばれ、最悪は夫にまで「お母さん」「ママ」と呼ばれるということも。苗字は家系の使命ですから、女性の場合家庭に入る、嫁ぐという「嫁」の概念が強くのしかかってきます。現代では、家系の使命・役割より「個」の使命・役割の方が、大きな意味を持つようになっています。名前で呼ばれないということは、本当の自分が影を潜めてしまうことに等しく、結果役割を果たして生きる割合が増えるということ。そういう意味でも、ゆるりはではお名前の方で呼ばせて頂いています。

自分の名前の持つ意味や役割を知ると、自分らしく生きる道へのヒントが得られます。鑑定に関心のある方は仰ってくださいね。
(こっそり裏メニューです。家族単位でことだま鑑定すると、子どものギフトが見えたりして面白いです)

 

セラピストかヒーラーか(脱線話)

お仕事ネームを鑑定してもらって用意する人、多いです。憧れの名前でお仕事をするという方もいらっしゃいますね。私もそういうのに憧れて!(昭和ベビーブーム生まれなので、子がつかない名前への憧れが強かった)いろいろ思い巡らせたり、頭を悩ました時期があったのですが、結局此れと言う名前に決められず、また旧姓も新姓も仕事をする上ではしっくり馴染まず、2005年からずっと「セラピスト貴子」でやってきました。フットケアがこの道の出発点だったので、必然的にセラピストなのですが、レイキを始めてから、レイキは「ヒーラー」と名乗る人の方が圧倒的に多いことに気がつきました。レイキは、セラピストかヒーラーか。どっちでも良いといえば良いのですが(苦笑)、私自身がヒーラーという音に馴染めないのはどうしてだろう?答えは「カタカムナ文字の言霊」にありました。

カタカムナとは

カタカムナ文明は古代の約1万2000年以上も前に、日本で栄えた高度な文明の名であるとされています。世界の古代文明でも、このような幾何学文字を渦巻き状に描き出すという文字は発見されていないことから、カタカムナは縄文以前に存在した文字であり文明だろうとされています。カタカムナの研究が始まって70年ほどになりますが、この文字が日本語の原点ではないかとも言われ、このカタカムナの研究を通して「ヒフミ48声音の思念(言霊)」が発見されました。

思念(言霊)を読み解く

一文字一文字に言霊があり、それらを繋げてセラピストとヒーラーそれぞれの思念を読み解くと・・・

♢ 引き受ける(セ)場(ラ)で、勢いよく根源から出て(ピ)一方向に外向きの渦巻きで進み(ス)統合する(ト)
♢ラは、圧力が解放されていくエネルギーの渦。ヒは1次元、トは10次元。
♢ 自分の内側の空間でエネルギーが渦を巻いて循環し、指向して中心へと統合し、問題が解決していく
(人間の体そのものが小宇宙という概念)

 

♢ 根源から出て、短い時間の経過の中で、圧力が解放されていくエネルギーの渦
♢ エネルギーが流入して、エネルギーの渦から次々と何かが生み出される

両方の思念を読み解いた時に、私自身がなりたい・やりたいこと・大事にしたいことは、ご利用者・ご縁のある方との「エネルギー交換と循環」であることがクリアになりました。その人自身は完璧で、循環を阻んでいる滞りを「きっかけのシャワー(エネルギーの注入・補給)」や「対話(エネルギーの交換・循環)」で取り除いていくだけで回復していく・復元していく・復活していくというのが根っこにあるからこそ「セラピスト」という言葉を選び、職業を選んだんだなぁと思いました。

レイキをするということが目的であれば「レイキヒーラー」が相応しく、レイキをツールとして癒し回復へと導くことが目的であれば「レイキセラピスト」が相応しいのかな?(ほんと、どうでもいいようなことを長々と・・・苦笑)

「ゆるりは」という場の名前を決める時も、カタカムナ思念を参考に決めました。言霊、いろいろ調べてみると面白いです。




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. パンフレット

  2. 「お金」から考えるこれからの生き方

  3. 自然療法医と自然派医師からのアドバイス

  4. いつもと違う時間の過ごし方

  5. 本間先生の新刊「感染を恐れない暮らし方」

  6. 自分を生きれない、その原因はどこから

最近の記事

  1. 9 Facts about REIKI

    2020.06.30

PAGE TOP