6月のゆるりは

ゆるさなくても いい

赦しなさい と、解く人がいる
手放しなさい と、解く人がいる

そんなの出来てたらとっくにやってるわ!
そんな声にならない内なる声

葛藤や苛立ち、様々な情動が沸き上がる。

もちろん、赦したいし、手放したい。
もちろん、赦した方がいいし、手放した方がいい。

それによって
実は過去に縛られ続け、
自分自身を辛くし続けている。
それも、わかってる。

気負うこともなく
我慢することもなく
そうすべきと責め立てるでもなく

赦せる時が来た時に、
手放せる時が自ずと訪れた時に、
そうすればいいだけ 。

それまでは、
赦さなくてもいいし
手放さなくてもいい。

物分かりの良い大人になる必要は、ない。
出来ない自分を
責めないでいい。

毒は、吐き出してこそ、浄化される。

ゆるりはの空き状況は、
予約カレンダーで確認ができます。

お申し込みは、予約カレンダー、
公式LINE、お電話で承っております。

6月・7月の予定

6月の直傳靈氣前期セミナー【残席1です】

 

 

6月の直傳靈氣後期セミナー【残席3です】

 

 

cafe庭の音に出店します【事前予約も当日も可】

 

第40回靈授会&復習会【残席3です】
第41回靈授会&復習会【残席3です】

 

7月の直傳靈氣前期セミナー【残席1です】

 

7月の直傳靈氣後期セミナー(週末)【残席3です】

 

7月の直傳靈氣後期セミナー(平日)【残席2です】

他の日程での開講リクエストは随時承っております。
お気軽にお問合せください。

一度ゆるりはのケアやセラピーを受けにいらしてから、
来た時にセミナーについて色々話を伺いたいという方も
最近は増えてきたように感じています。

それまでは全くアンテナが立っていなかったという方や、
いつかいつかからようやく、という方も。
嬉しい世の中の変化、です。

 

ドネーション再開のお知らせ

昨秋よりしばらく、ZUSHIおばちゃんち利用者がいなかったため中断していたドネーションを再開することにしました。
理由は、アフターケア相談所ゆずりはで繋がった一人の女性の「今年、お米づくりをしたい」をサポートするため。

彼女は原田マハさんの小説「生きるぼくら」(いじめから引きこもりになった主人公が米づくりを通して再生していく物語)を読んで、米づくりがしたいと伝えてくれました。今年に入って「貴子さん連れてって欲しい」とリクエストを受け、去年集めていたドネーションが1万円あるので往復交通費の補助として活用できるしと、田んぼに連れて行く事になりました。5月連休中に田植えをし、その後の草取りもしたい!と稲の育ちを収穫までも見守りたい、関わりたいという願いを実現するために、往復で5000円(府中の方から八日市場まで)かかる交通費補助を渡す為のドネーションを再開することにしました。

ご支援のほどよろしくお願いいたします!

過去の投稿ですが、ZUSHIおばちゃんちについて、ドネーションについてはこちらをお読みください。

 

5月の田植えの様子

か細かった稲苗も、今はこんなにスクスクと。
(以来足を運べていないため、写真は田んぼの借り主より)

 

合わせて、こちらも過去の投稿ですが、良かったら。

その他の予定など

  • 6/8(水)レイキボランティア@アフターケア相談所ゆずりは のため休業
  • 6/23(木)〜24(金)田んぼ作業 のため休業



ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 第26回靈授会&復習会を開催しました

  2. 第9回直傳靈氣後期セミナーを開講しました

  3. 12月のゆるりは

  4. 自然療法医と自然派医師からのアドバイス

  5. 第30回靈授会&復習会を開催しました

  6. まちかど靈氣療法室はじめます

最近の記事

PAGE TOP