第13回直傳靈氣前期セミナーを開講しました

癒しの技法習得以上の、一生使える手当て療法

2日間9時間の座学と実習、3回の靈授でセミナー後には靈氣使いのツールと使い方を身につけ、目に見えないエネルギーを感じ取ることが出来る様に。自分や家族、ペットケアにと薬や医療に過度に依存する必要なく健康管理ができる家庭療法として有効な靈氣。使えば使うほど自然エネルギーが自分の内外を巡り、感じる力を呼び戻して潜在意識と繋がりやすくなるきっかけにも。その方に必要なタイミングとかたちで変容や浄化が、緩やかに導かれることでしょう。ゆるりはの寛げる空間で、少人数ならではの丁寧な学びの時間が得られます。

今回は、逗子市の子育て支援等に長年に渡り関わっていらっしゃる方と(逗子に引っ越してきて間も無くにご縁は繋がっていたものの、今回の受講を機にお会いするきっかけとなりました)、ゆるりはのハートケアを継続利用中の方、他校で西洋レイキを習得した後ゆるりはでの直傳靈氣の傳授を選択してくださった方、そして1年前に受講され今年初めの頃までハートケアをされていた方と、計4名での開講となりました。

1日目1回目の靈授後の靈氣まわし。
手のひらの感覚と、手当てされている背中の感覚。
この時間に簡単な自己紹介をしています。

午前中最後の実習は自己靈氣の実習。
手の当て方、どこに当てるとどのような効果があるか。
じっくり20~30分自分のからだと向き合います。

お昼は逗子キッチンのお弁当。

午後2回目の靈授後の靈氣まわし。
受講生のお一人は病気の治療中で
体力と相談しつつ腰痛もあり靈授後は
しばらく横になってお休みいただきました。

ペアになって実習。
手の当て方、印の使い方を学びます。
1日目の最後は血液交換法の手順を学びます。

2日目3回目の靈授後の靈氣まわし。
昨日よりパワフルに出ています。

靈氣送りでエネルギーを感じます。

微細な感覚を感じとる。
今まで立てていなかったアンテナを立てる。
自分自身の感じたものを信じる。
ペアで実習。
病腺と体感のシェアをします。

おやつに用意したおはぎに加え、
受講生がハロウィンスィーツを
差し入れてくださいました。

ベッドでの実習。
受ける方も、当てる方も。
エネルギーが巡ります。

1日目は手順のみだった血液交換法。
ベッドでの施術の最後に、各自フルで実習をします。

他の受講生がやっている様子を見て
手順を確認します。

終了後もしばらく歓談が盛り上がり、
片付けを終えて
ゆるりはを出る時には満月が!

 

受講後のご感想




 




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 第12回直傳靈氣前期セミナーを開講しました

  2. 直傳靈氣前期セミナー受講生

  3. ゆるりはという場所

  4. 11月のゆるりは

  5. コロナ疲れに

  6. ファミリーレイキセミナーを開講しました

最近の記事

PAGE TOP