子どもから社会への叫び

今日の記事を読んで思ったこと

不登校要因で認識に差
7割の児童ら「体調不良」
教師は2割にとどまる・文科省委託調査

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-240325X126

 

この国は豊かで平和なのに

こんなにも
なぜ 体調不良な子どもが多いのか
なぜ 不安を抱えてる子どもが多いのか
なぜ 心が晴れない子どもが多いのか
なぜ 気力がわかない子どもが多いのか
なぜ 子どもの世界からいじめが無くならないのか

そして

なぜ 生きるのではなく
自ら死を選ぶ子どもも多いのか

子どもの自殺411人で最多水準
「望ましい」はずの詳細調査は少数

https://www.asahi.com/articles/
ASRB37DHBRB3UTIL02P.html

 

原因不明
本当に「不明」?

こころが育まれる関係性が
からだを育む食生活が
自分を大事にする生き方が

 

 

大人から 社会から
与えられていない
圧倒的に足りない「何か」

 

そして大人も社会も
わからなくなってる

でも答えはある

 

ただ、
大人も社会も
気づかないふり

子どもをどうにかしなくてはと
子どもの問題と捉え

変わるべきは子どもで
大人や社会ではないと

問題をすり替える

 

でも それは違う

 

大人や社会が
子どもたちを苦しめてる

でもその結果を
素直に認められるほど

大人も社会も
強くない

 

子どもを守れるほど
強くない

自分のことで精一杯で
生き彷徨ってる

 

どう生きたらいいか
迷い続けている

 

いつから大人は迷い始めてしまったのか
どこへ戻ったらいいのか
何が足りてないのか

検証することが 急務

 

それには

 

子どもの声に耳を傾けるしかない

子どもの様子から感じ取るしかない

子どもから教わるしかない

 

たくさんの子どもが
社会に向けて叫んでる

私たちに教えてくれている

 

この世の中の危うさを

この世の中の生きづらさを

この世の中の不自然さを




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 「今までの私」から「これからの私」に

  2. やらないことの大事さ

  3. お金を社会に循環できる自由と幸せ

  4. 光さす道へと歩み進む過程

  5. 今生を引き受ける潔さと

  6. 我が子と自分の内なる子ども

最近の記事

PAGE TOP