主体的にえらぶ

生きる事は
選択の連続で
毎日が選択の連続

それは
主体的に選んだ選択か

ひとつひとつを
振り返った時

果たして本当に
自分が一番望む選択を
してきていただろうか

たった今選んだそれは
自分の心に従った
選択だったのだろうか

もし
自分が一番望むこと
それ自体が曖昧で
わからないとしたら

主体的に選んでいない
選択が数多くある
可能性がある

なぜなら

自分が明らかではないままに
主体的に選ぶことは
難しいから

主体的に選ぶということは

自分自身を偽っていないこと
自分自身を取り繕わないこと
自分自身に嘘をついていないこと

自分がしたくない選択は
しないで良いということ

していいという自由
したくないという自由
選べる自由

自分は本当はしたくないのに
誰かのためにする選択があったら
それは決して
主体的には選んでいない

なぜなら
主体的に選ぶという事が
自分自身を大事にすることに
繋がるから

主体的に選ぶことを許す事が
自分自身を
自由にさせることだから

主体的に何かを選ぶ事が
自分の人生の
舵を取るということだから

身近な人との関係性で
見えないジェンダーギャップで
無意識の差別で

自分の心を聞き
心の赴くままに
心を開示して
主体的に選ぶことをせずにしてきた
いくつもの選択を
積み重ねてはいないだろうか

ひとつひとつは
小さくても
ふと気がついた時に
自分のこころは
押しつぶされてる

なぜ苦しいのか
気づくこともなく

男と女
夫と妻
親と子

どっちの方が
偉いとか
強いとか
弱いとか

当たり前というような
思い込みや
無意識の差別が
もしあるとしたら

その思い込みを全て
お互いに
手放せないだろうか

お互いに平等で
お互いにハッピーで
お互いに尊重し合う
お互いに支え合う
お互いがお互いの人生を
お互いがお互いの命を
リスペクトする

誰もがまず
第一に自分の心を
大事にしていい

それしか
自分の命も
自分の人生も
守れないのだから

生きる気力や喜びは
主体的に選ぶ連続で
培われる




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 自立に必要なこと

  2. 歩み進むべき道へ

  3. 今ここの自分

  4. 微生物との交流

  5. 生涯とお金の授業

  6. 小さい時 親は絶対的な存在

最近の記事

PAGE TOP