感じる力が少しづつ呼び戻されてきた時

感じる力が少しづつ蘇り

閉じていたこころが開けてきた時

苦しくなる。

以前より辛さを感じたり

以前より悪くなっているようにも陥る。

そうせざるを得ない環境の中で

まったく自分の心の声に従わずに、

まったく自分の心からの声に従えずに、

生きてきた人にとって、

こころに意識を向けることは怖く、

感じているものを信じて生きることは、

ものすごくハードルの高いこと。

以前の自分とは違う自分を認めつつあるステージで、

そのせめぎ合いは、時に苦痛を伴い、

ともすれば破壊的な場面もある。

でも。

それらは良くなるための、

自分を取り戻す過程で用意されたこと。

乗り越えられる試練だけが用意されていて、

その試練が用意されている人には

それ相応の使命があるのだと 私は思ってる。

夜明け前の暗闇がいちばん苦しいし、

本当に闇は明けるのかと不安になる。

それでも、

信じて歩むしかない。

休みながら、自分のペースで。

そうすれば、きっと、大丈夫。

ゆるりは




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 新緑、息吹、感謝

  2. 小さい時 親は絶対的な存在

  3. 「今までの私」から「これからの私」に

  4. マイペースに生きる

  5. 生命体であるわたし

  6. 子どもだった子ども時代

最近の記事

  1. しあわせって

    2023.01.15

  2. 違和感と直感

    2023.01.8

PAGE TOP