子どもの時に身につけた生き方

あの時、自分は、子どもだった

いつからか身につけてきた、生き方

 

それは自分なんだと
自分はそういう性質だからと
まわりにいつもそう求められるからと
自分は好きでやっているだと

 

スーパーナチュラルに身につけてきて
他に生き方の選択肢はなかったと
受容れて生きてきた

 

自分自身の子ども時代を捉え直すこと
あの時、自分は、子どもだった

あの時、子どもだったから、
自分の居場所を確かめる必要があった
生まれてきてよかったのか、確かめたかった
居ていいんだって、思いたかった
自分という存在を否定されたら
生きていくことはできなかった

 

親という絶対的な存在を前に、

 

あの時、子どもだったから、
スーパーナチュラルに身につけた
自分を守る術
自分がいちばん傷つかない術
愛されるために、身につけた

 

あの時、子どもだった自分を
あの時、子どもでいられなかった自分を
いま、大人の自分が正しく捉え直す時

 

洗脳が解けていく

 

自分を生きよう




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 白いキャンバスの可能性

  2. 光さす道へと歩み進む過程

  3. いっしょに

  4. 生命体であるわたし

  5. 親ができる最大で、最高のこと

  6. 自分を大切にする がわからない

最近の記事

  1. 8月のゆるりは

    2022.07.30

PAGE TOP