イワカン

この広告見るの2回目で、やっぱり違和感を感じている。

誰が買い、誰が読んでるんだろう。

「きびしい社会を生きていくこどもたちへ」とあるから

こども達が読むことを想定しているのかもしれない。

でも、それ自体に驚愕する。


第二弾もある。
それだけ大人自身がどう生きていったらいいのか

答えを見出せずに子育てしているっていうことなのか。

変わるべきは子どもじゃなく、大人なはず。

きびしい家庭環境、きびしい親子関係、きびしい学校教育という社会。

全部つくってきているのは大人。

子どもに選択肢は与えられていない。

ここにあるルールが出来てない親や大人から

「読みなさい」と渡されたところで、

「ナンナノ?」ってならないかなぁ。

私だったら、なるなぁ。

 

そして、自分のことは棚上げの、

謎の上から目線な大人ほど嫌われる大人はいない。

子どもはよく見てるし、よくわかってる。

そんな大人達への本としての「生きかたルールブック」ならアリ、かな。

子育てもコントロール。

広告だけで、息苦しさが伝わってくる。

「きびしい社会」




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 期待しすぎない

  2. 靈氣の傳授を通して・・・

  3. 全ての役割を手放した先

  4. 自分をよく知り、新しい一歩を踏み出す

  5. 子どもは真似っこが得意だから・・・

  6. 40年、50年と生きてきて

最近の記事

  1. 絶望の先

    2022.10.23

PAGE TOP