圧倒的に「足りていない」こと

ゆるりはで語られる内容は
多岐に渡る

個人の抱える
生き辛さ
モヤモヤ以外にも

仕事のこと
恋愛のこと
夫婦のこと
親子のこと
子の不登校
子の引きこもり
人格や発達の特性
モラハラやDV、
セックスレス、
会話がない等

人が人として生きる
本当の豊かさとはなにか

圧倒的に
「足りていない」のは

触れ合い
話し合い
語り合い

安心と信頼
対話と尊重

自分の声を持つ事
他者の声に耳を傾ける事
主体的に生きる事

知識として
生のことも
性のことも
人権のことも
ジェンダーのことも

人が生まれ育ち
地球人として生きてゆく

その基礎基盤となる力は

親から子へと
日常の中で伝えられ
育まれてゆく

親の生きる姿から
子へと引き継がれてゆく

変わるべきは

教育の場ではなく
養育の場

次世代を育てる養育者として
必要な学びと実践は

大人達にこそ 

学び合い 語り合う
そして行動する

その流れが
本当に必要と思う

違和感に気づいた時が
そのタイミング




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 子どもから社会への叫び

  2. 生きていることを思い出す

  3. 自分をよく知り、新しい一歩を踏み出す

  4. なぜ今10年ぶりの「子育ち講座」なのか

  5. 気ではなく愛を使う

  6. 「違和感」を感じ取るセンサー

最近の記事

PAGE TOP