おとな こども

疲れていても休めず
嫌いなことも我慢してやり
好きなことばかりは我儘か自分勝手か
辛くても逃げたら負けだし
他人様に迷惑をかけられないし
人様に恥ずかしくないように
誰からも好かれるように
頑張り続ける

窮屈で、苦しくて、
楽しみもなくて、
のんびりもできなくて、
いつも人の顔色伺って、
いつも人の許可が必要で、
自分が何がしたくて
自分が何を思っていて
自分が何を感じているのか
そんな事は重要でもないし、
誰からも聞かれない

今日も明日も明後日も
予定が決まっていて、
寝たいだけ寝る自由はなく、
嫌なことはやらないという自由はなく、
今を生きることは疎かに、
将来のためにと今を犠牲にして
忙しく生きる

忙しいと失うのは人の心
感情を失えば
思考だけの世界になり
頭脳だけの自分は
機械のように感覚をも失って

楽しいのか楽しくないのか
美味しいのか美味しくないのか
美しいのか美しくないのか

それもわからなくなって
肉体は存在してるけど
生きてる実感はない
もはや頑張ってる実感さえない

これは誰のことだろう

おとなのこと?
こどものこと?

生まれてきてよかったと
生きていてよかったと
いいところもダメなところもあるけど
自分は自分でよいのだと

 

子どもが成長した時
そう思えてること

 

子育てでおそらく
一番大切で 一番大事な目標

ものすごく速いスピードで
何もかもが処理されていくデジタルな時代で

子どもも大人も必要なのは
忙しくしないこと

時間に追われないこと
あえてアナログに生きる豊かさ

心を失うのではなく
心を育むためのたっぷりの時間

それはとってもゆっくりで
とってものんびりで
とっても豊かな時間

○歳の夏は、たった一度きり
屋内こもりっきりじゃもったいない
ゆっくり生きていいし
生きるって楽しい

五感に触れる思い出は
記憶に残る一生の宝物

子どもも大人もなつやすみ

一緒に遊ぼう

おとなからこどもへの 大切なメッセージ




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 全ての役割を手放した先

  2. 子どもから社会への叫び

  3. 親になり始まる内的変容の旅

  4. 感じる力が少しづつ呼び戻されてきた時

  5. バーストラウマという視点

  6. 「自分なりの」をめざす

最近の記事

  1. 0歳児保育

    2024.03.23

PAGE TOP