絶望の先

たすけて

そう思った時

助けを求めたい人も

助けを求められる人も

心ひらける人もいない時

絶望に包まれる

その先にある気づきは

自分を抱きしめられる人は

自分しかいないということ

強くなる必要はなく

脆さや弱さを受け容れるということ

ゆるりは




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 話すということ

  2. 子どもは真似っこが得意だから・・・

  3. わたしの東京脱出物語

  4. 自分なりの「できた」

  5. 今を生きている自分は

  6. 愛を他者に注ぐ人

最近の記事

PAGE TOP