ゆるりはでのライアーの活用法

9/26にプチ音浴会をすると決めて以来
出来る限り毎日触れて、
音に身を委ね、
美しく響かせられるように、
奏でて過ごす1ヶ月。

異常なほどの倍音は、
時にエネルギー場に刺さり、
不協和音は、
エネルギー場を傷つける。

微細な音との繋がり。
一音の響き。
微細だからこそ発せられる
エネルギー。

自らの身体の上に置いて、
倍音ならではの共振、揺らぎを感じる。

音からイメージされる世界を、
私なりに感じとる。

和室で、1時間のプチ音浴会。
何も考えずに臨んだけれど、
最初に音のこと、波動や周波数のこと、
ライアーを迎えた理由などを喋り、
奏で、それぞれの身体に置いて奏で、
感じたことを共有する時間。

終わった後、庭の音のスタッフ2名には
ヨガマットを敷いた板の間で体験してもらう。
(畳より一層板の間の方が横たわった身体に振動が伝わりやすい)

皆緩んでくれて、いい時間だった。
私も自然に委ねて、奏でられた。

一人ひとりの身体に置いて奏でていたら、
不思議とそれぞれに受け取るものや
感じることもあった。

「月2の靈授&復習会に持ち込もう。」
このソウルサウンドライアーを
どう活用していくのだろう?
その問いの答えがつい先日に出たばかり。

駐車場代もかかる、付加価値もつくので
参加費を少し値上げする事も決めた。

感じる力を甦らせる、音との共振。
受講生のエネルギー場が一層緩み、
思考と肉体からも切り離され、
波動調整されたら、、、、
靈氣の量も質も促進される。

グランドルフィンの波動で
内なる自分と繋がり、
それぞれの内なるJOYを見出せたら、
なお喜ばしい。

10月の復習会はもう日程が決まってる。
来月からライアー、持っていきます。




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 愛を他者に注ぐ人

  2. 言葉の枠より大事なこと

  3. 存在することに価値あり

  4. 評価の社会を生きる高校生

  5. 新緑、息吹、感謝

  6. 内なる自分と近しくなる

最近の記事

PAGE TOP