やらないことの大事さ

あえて「やらない」という選択

「やってみたいを邪魔しない」
「できること・すべきことの邪魔をしない」
「可愛い子には旅をさせる」

私が娘の子育ての時 大切にしていたこと。

「女の子だからこそ気をつけてほしいこと」や
「女の子だから知っておいてほしいこと」はあっても
「女の子なのに」という理由で行動制限するということは、一つもなかったように振り返る。

(言葉遣いは除いて・・・どうしても「美味しい」を「ウマイ」と表現するのは馴染めなくて)

自分がやった方が早いとか、上手とか、失敗しないとか。
時間がないとか、色々な事情があって、子どもがやってみる前に(子どもがやり始める前に)大人がやってしまう場面はよく見る風景。

その子どもはそのうちに
自分で考えることも、行動を起こすこともしなくなる。

「自分がやらなくても、ママがやってくれる」
「自分がやらなくても、パパがやってくれる」
「自分がやらなくても、誰かがやってくれる」

自分でやる必要がなくなって「何もできない子ども」になっていく。
でも、子どもは何もできないのではなく、ただ時間がかかるだけ。「未熟」で「成長過程」なのが「子ども」なのだから当たり前。

 

これは「おしゃべり」も、同じ。

子どもが自分で話す前に大人が代弁しちゃうと、
その子は主張することをしなくなる。

そして「自分が何を思っているのか」は見えなくなり、わからなくなってゆき「自分が話したいことを言葉にする」その場面がないから、その必要もなくなっていく。

そうやって「自分がよくわからない子ども」になっていく。子どもは自分の意思や思いがないのではなく、何も言えないのでもなく、
自分の気持ちや意思を表していけるようになるには、ただ時間がかかるだけ。

そしてその成長には必ず、個人差がある。
他の子と比べても、意味はない。

大人は、その育まれてゆく時間を待ってあげる必要がある。
流れる時間は、子どもと大人では全く違う。
成長に「時間」や「隙間」や「空間」が、とても大事。

子どもの育ちを邪魔しない。
子どもの時間を大人が乗っ取らない。

やってあげる事も大事だけど
やってあげないという事もそれ以上に大事。

子どもの力を信じる。委ねる・・・
そうして子どもは自信は身についていくし、
見守る大人も、子どもを信じる力を身につけていく。

〜〜〜〜〜〜〜〜

これって夫婦関係でも当てはまる事と思いませんか?
夫婦の相互理解を深める会話や、信頼関係、家事の分担のことなど・・・

お互いの話す聴くから遠ざかりすぎて
コミュニケーションを諦めてしまった結果、会話の必要性がなくなっていたり。

女性が一手に引き受けがちな、掃除も洗濯も買い物も育児も、「あえてやらない」という選択をしてみると・・・

結果、お互いに、成長できると思います。
そしてそれには、やっぱり「待つ時間」は必要です。




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. マイペースに生きる

  2. イワカン

  3. 今を生きている自分は

  4. 少数派で在ること

  5. そろそろ自分で生きていい

  6. 小さい時 親は絶対的な存在

最近の記事

  1. しあわせって

    2023.01.15

  2. 違和感と直感

    2023.01.8

PAGE TOP