第3回直傳靈氣後期セミナーを開講しました

遠隔治療と性癖治療を身につける

離れている人にも靈氣を送ることができる「遠隔治療」と、メンタルの問題に活用する「性癖治療」の手法を習う後期セミナー。午前と午後2回の靈授、座学と実習多めであっという間の6時間講習です。
良いタイミングでご一緒できた新規受講のお二人に加え、町田で受講された方の再受講でした。

3月以来に開講した後期セミナー。研究会の方では前期後期を連続で3日間の履修を推奨していて、殆どの方は3日間で受けられます。これは戦前林忠次郎先生のセミナーが5日間で初傳(現在の前期)と奥傳(現在の後期)を教えていたスタイルを踏襲してのこと。昔は午前中が講義、午後は実習という構成になっていました。また、受講生は月に1度の靈授会と復習会に参加し、修練を重ねるという「習い事」「道場」のような感じでしたから「習いっぱなし」になるという事は無かったのだと思います。

ゆるりはでは、前期セミナーの後に1回はゆるりはの靈授会にご参加いただき、靈氣を日常自他に使うなどして「エネルギーに慣れ親しむ」段階を経てからの後期セミナー受講を推奨しています。理由は、その方が圧倒的に「面白い」し、「納得感」もあり、何より後期で習う2つの奥深い技法(治療法)・・・遠隔治療と性癖治療・・・をしっかりと身に着けることができるから。性癖治療は、ちゃんと使えば本当に効果が出ます。習ったものの使わず終いの方が多いと思うので、性癖治療がそれっきりになってしまっている後期受講生には、ぜひゆるりはで再受講をされてみてください。少人数ならではの、又セラピーで使っているセラピストならではの導きで、「自分自身と向き合う時間」が後期セミナー内で持つことができるというのも貴重です。

靈授の後の靈氣まわし。家族の怪我や病気に使ったり、
自宅サロンでお客様に提供したりと
靈氣を活用され喜ばれているとのことでした!

午前の性癖治療の前に、頭部に通常の靈氣を受ける時間
たった10分ですがとても緩んで気持ちがいい。
後の性癖治療の時に流れ入るエネルギーとの
体感の違いを味わうために導入している実習です。

「私の心の癖、なんだろう?」
「できればどうにかしたい私の思考パターン、なんだろう?」
自己分析時間を経て、性癖治療を交替で実習します。


ランチはシードリングキッチン逗子のお弁当
今回はデザート付きで豪華!

午後の靈授後の靈氣送り。お〜!と声が上がるほど
ビンビン靈氣を感じます。
皆すごいパワフルに出ていて興奮。遠隔治療の講義を経て、実習。
受ける側は横になって・・・。
遠隔で靈氣を送る側の実習

自分に遠隔で送ったり、
自分に遠隔で繋がって、性癖治療をしたり
実習を重ねます。

最後は血液交換法のおさらいか、集中靈氣か?
受けたいの声が上がり、10分交替で実習。
血液交換法は、復讐会でね。

後期セミナー最後はこんなにパワフルに
受講生の手からも靈氣が出る出る!
それを皆で実感、共有できたのは貴重でした。
身も心もとても軽くなって
セミナー終了です!

参加後のご感想


受講希望の方は、開講のリクエストをメール又はラインでお届けください。
お待ちしております。

 




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 第5回直傳靈氣前期セミナーを開講しました

  2. 3時間レイキセラピー体験者

  3. 第12回直傳靈氣前期セミナーを開講しました

  4. 3時間レイキセラピー体験者

  5. 12月のゆるりは

  6. 直傳靈氣前期セミナー受講生

最近の記事

PAGE TOP