『うまれたよ ぼく』  

今日は子どもの日。

「子どものあした」をテーマにした記事で埋まる東京新聞の紙面。

諸外国それぞれに抱える問題はあるにしろ、
日本は戦争も紛争もない平和な国にも関わらず、
経済的貧困と関係性の貧困、
そして誰もの命は平等に扱われるという
社会的基盤が脆弱な故、
命奪われる事件が後をたたない。

子どもの声を聞くと同時に、
子どもへの権利教育が急務。

権利の主張が文句やわがままと
捉えられやしないかと感じている大人もまた、
子どもの権利教育を通して人権を学ぶ機会に。

生まれたばかりの赤ちゃんの視点で書かれた
谷川俊太郎さんの詩が引用されていた。

『 うまれたよ ぼく 』

うまれたよ ぼく

やっとここにやってきた

まだ眼は開いてないけど

まだ耳も聞こえないけど

ぼくは知っている

ここが

どんなにすばらしいところか

だから邪魔しないでください

ぼくが笑うのを

ぼくが泣くのを

ぼくが誰かを好きになるのを

ぼくが幸せになるのを

いつかぼくが

ここから

出て行くときのために

いまからぼくは遺言する

山はいつまでも

高くそびえていてほしい

海はいつまでも

深くたたえていてほしい

空はいつまでも

青く澄んでいてほしい

そして人は

ここにやってきた日のことを

忘れずにいてほしい。




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. トランジションへの道

  2. しあわせって

  3. 愛されたという実感

  4. とある夫婦のお話し(SNSより)

  5. 親になり始まる内的変容の旅

  6. 自分を大切にする がわからない

最近の記事

PAGE TOP