第63回靈授会&復習会を開催しました

第63回靈授会&復習会を開催しました

4月16日(日)13時〜17時

内容:ライアー音浴、靈授、靈氣回し、靈氣送り、エネルギーを感じるワーク、椅子で10分交代で靈氣、10分仰向けで集中靈氣、お茶時間に情報交換、10分うつ伏せで集中靈氣、のち血液交換法の復習

今回お集まりの3人の共通項は「なかなか思考を手放せない」「なかなか緊張を手放せない」というクセ。初めてゆるりはを訪れた時よりも、セミナーを受講した時よりもずっと、それぞれのペースとキッカケを通じて変化が起きているようで嬉しいです。人ではなくまず自分を癒すということにスイッチが入ったところから、自分の体からの声に沿えるようになったり、身につけた靈氣を自分の緊張解しにうまく活用されたり、他者に遠隔をたくさんすることで身につけた自分の靈氣に対する自信が背中を後押しして、対面でも他者に施す準備を進められていたり、耳下腫瘍摘出をきっかけに色んな詰まりが取れたように風通したがよくなったり。彼女は入院中や退院後に友人からの遠隔や対面の靈氣に助けられ、痛みで食べられなかった食事ができたり、眠れたり、不安の解消にと靈氣の効果を実感されたそうです。気軽にお願いができる友人がそばにいて良かったですね! ご友人にとっても、靈氣を必要なタイミングに届けることができ彼女自身の心の豊かさや喜びにも繋がったことでしょう^^ とても嬉しいエピソードのシェアをありがとうございました!

初回からスッと瞑想状態に入れる人もおられますが
徐々に慣れてゆくのが殆どです。
複数回目のライアー音浴の末、

過ごし方を少しづつ体得。
思考を手放し、感覚にだけ意識を向ける。
「いまここに在る」という感覚。

靈授→靈氣回し→靈氣送り

エネれギーを感じるワーク。
束にした指先から靈氣がビームのように
発しているのを体感します。

折角だから、Cさん患部に向け
指先ビームで靈氣を送りました。
ビリビリ感じる!

この日Cさんはする側でも送る側でも
術後の患部にジンジンという体感をずっと感じていました。
靈氣は人にやりつつ自分にも通っているという事が
??だったのをようやく実感し腑に落ちたようです。

おやつは葉山の近所に出来たお店の
苺大福とお土産のドライバナナ

仰向け寝とうつ伏せ寝で集中靈氣。
私も仰向け寝だけお願いしちゃいました!
気持ちよかった〜^^

最後は血液交換法の復習です

参加後のご感想

今までは体感を探ろう探ろうとしてしまって、体や頭がリラックスできていないこともありましたが、今日はただ受けようと思って参加しました。すると、自分が当てている時も、受けている時も、体の中心・脊椎が緩む感覚があり、全身の回りが良くなった感じがしました。他の参加者の方の体感や日常での活用方法のシェアを聞くことも大変勉強になり、またどんどん使っていこうという意欲も湧いてきました。少しづつ広めてゆきたいと思えた1日でした。

今日は術後初の参加でとても楽しみにしていました。案の定、耳裏にジンジン、体全体にリラックス、とても気持ちの良い時間でした。エネルギーも耳に集まってきていてビックリ! 術前は耳周りはほぼ感覚がなかったのに、今は耳ばかりに巡っている・・・。これか!と思いました。帰宅して、改めてやってみようと思います。

本日もとっても心地よい時間を過ごさせていただきました。ここで会う方は皆さん穏やかで、靈氣以外の要素でも癒されています。ライアーは回数を追うごとに体感が強くなり今日もとてもリラックスして受けさせていただきました。ここで習った遠隔をSNSを通じて募集をした方に多数受けていただいたのですが、以来自分の体感も増え、拾える病腺も増えて自信にも繋がりました! (この方は15名に毎日45分ほど遠隔をし続けていたら、自分自身にも浄化の好転反応が現れたそうです。使えば使うほど自分自身の浄化が進むこと、緩むことを経験を通して得ていただけて嬉しいです)




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 直傳靈氣前期セミナー受講生

  2. 今年の仕事納めしました

  3. フィリピンの助産師 冨田江里子さん お話会@葉山 【終了】

  4. 3時間レイキセラピーについて

  5. 3時間レイキセラピー体験者

  6. 「お礼制対面レイキ」と「コロナ対策遠隔レイキ」を始めます

最近の記事

PAGE TOP