第33回直傳靈氣前期セミナーを開講しました

失われてきたものを取り戻そう!癒しの技法習得以上の一生使える手当て療法

2日間9時間の座学と実習、3回の靈授でセミナー後には靈氣使いのツールと使い方を身につけ、目に見えないエネルギーを感じ取ることが出来る様に。自分や家族、ペットケアにと薬や医療に過度に依存する必要なく健康管理ができる家庭療法として有効な靈氣。使えば使うほど自然エネルギーが自分の内外を巡り、感じる力を呼び戻して潜在意識と繋がりやすくなるきっかけにも。その方に必要なタイミングとかたちで変容や浄化が、緩やかに導かれることでしょう。ゆるりはの寛げる空間で、少人数ならではの丁寧な学びの時間が得られます。

ゆるりはの特徴として、「私たちは自然の一部であること」「私たちは生命体であること」「忘れてきたこと、失われてきたものを取り戻す」「抗わず委ねる」、、、そんな事を靈氣習得を通じて自然に自分のものにしていただけたら一層嬉しいなぁ〜という思いをのせて伝授させて頂いています。植物にとっても動物にとっても人間にとっても、健やかで在るために必要なのは食物と水と空気と、そして太陽エネルギー(靈氣)。誰にとっても、そのエネルギーの巡りによって日々の幸福度がグッと上がり生き方そのものがシンプルになり、自他共に心豊かになりますように。今の時代を生きる私たちだからこそ、原点回帰。直傳靈氣習得がその道筋となります。

今回は「以前から(レイキが)気になっていたけど」と、「ちょうどタイミングが合って」という同じような流れで3名の方がご一緒されました。感じたものを表現する、それは唯一無二で十人十色。感じ方や表現の仕方に本来良し悪しもないはずですが、正しいか正しくないかと他者評価が気になり自分を表現することを憚れる機会は多いのではないでしょうか。セミナーや復習会では、手や身体に感じたものをお互いにシェアする実習を重ねてゆきますが、その作業を通して「目に見えない自分という感覚や感性」を自認し、故に自分を信じるという生きていく上でとても大切な力をも養っていくきっかけになっていきます。そういう意味でも、少人数で学び合うことができる環境は大切だな、と感じます。

1日目の午前中は座学からスタート。
靈授→靈氣回し
こうして近距離で他人と触れ合う
普段ないですよね(笑)
一番皆が緊張している時ですが、
靈氣の一番の上達のコツは
力を抜くこと、リラックスすること。

自分で自分の身体に手を置き
靈氣する時間(自己靈氣)
感覚にだけ意識を留める静かな時間。

ランチはいつもの酵素玄米弁当

午後の靈授→靈氣回し
→交代で対面靈氣の実習
体感と病腺をシェアします

仰向け寝で対面靈氣の実習
体感と病腺のシェア、手の当て方や
疲れない、力が入らない姿勢など。


2日目の靈授→靈氣回し
それぞれに家でも取り組み
3回目の靈授で一番パワフルに。

エネルギーを感じるワーク
セミナーの時が一番微細な感覚ですが
実践を重ね復習会への参加を重ねる度に
感覚は甦ってきます。

おやつは永楽家さんのお団子

うつ伏せ寝で対面靈氣の実習
昨日からたくさんの靈氣が流入して
浄化が進み、腎臓が活性しています。

最後は血液交換法の手順説明と実習

受講後のご感想

 




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 第35回直伝靈氣前期セミナーを開講しました

  2. 直傳靈氣前期セミナー受講生

  3. 第32回靈授会&復習会を開催しました

  4. 7月のゆるりは

  5. エネルギーケア60分

  6. 第55回靈授会&復習会を開催しました

最近の記事

PAGE TOP