存在と感覚を味わう日常の一コマ

自分のためだけに

花を買って帰る

お気に入りの場所に 飾る

今日は窓を開け放せるほど

あったかい

ひとり ここに住み始めて

初めて気がついた

裏山からの鳥の囀りや

空を舞うトンビの声が

部屋にまで届く

陽だまりの香りが漂う

優しい 風でなびく布と
射し込む陽の光がまばゆい

素足

ビーチサンダルで

アッシュの散歩

まだ ひんやりと冷たい砂

静かな夕方

穏やかな夕暮れ時

わたしが一番 手に入れたかった

日常にある 穏やかさ

わたしにとっての しあわせ




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に
伴走型 こころの回復ケア

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 少しづつ起きていく変化

  2. 生命体であるわたし

  3. 小さい時 親は絶対的な存在

  4. マイペースに生きる

  5. そろそろ自分で生きていい

  6. 地に足がつく

最近の記事

  1. 自分で決める

    2022.04.29

  2. イワカン

    2022.04.28

PAGE TOP