評価の社会を生きる高校生

テストという
評価が全ての社会

逃げられないその社会の
真っ只中にいる17歳

なぜ皆はこの世界で平気なんだろう
素朴な疑問

自分を見失った
でもいまは暗闇を抜けた

自分の置かれている状況も
自分が感じていることも
自分が思っていることも
俯瞰できるようになった

肩の力を抜いて
生き抜く術を身につけよう
もっと、ゆるやかに生きて大丈夫だよ

〜〜〜

多数派が常識になりがちな社会
でもそれが必ずしも正義ではないし
必ずしもそれ以外の選択が
ないわけではない

学校という評価の社会に
生きづらさを抱えている子どもの理解者が
話に耳を傾けてくれる大人がいること

大きな支えになる

子どもが抱えている生きづらさは
私たち大人ひとりひとりの責任




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. マイペースに生きる

  2. 自分をよく知り、新しい一歩を踏み出す

  3. 性被害から子どもを守る

  4. 子どもの時に身につけた生き方

  5. 輝きを取り戻していく

  6. 本当は男がよかった

最近の記事

  1. 6月のゆるりは

    2021.05.29

PAGE TOP