本当は男がよかった

「自分はいない方がいい」と思っている人の自己否定のきっかけ。

「親は本当は男が欲しかったんです」
「親は男が生まれると思ってたんです」


ー だから女性らしくすると怪訝だった
ー だから男っぽくしてた
ー だから男の名前で呼ばれてた
ー だから父親に愛されなかった
ー 自分の女性性を否定してきた
ー だから男に生まれたかった
ー 親に愛されたかった
ー いつも疎外感があった


親にとっての

「本当は男がよかった」


子どもにとってそれは

「女である私は生まれなくてよかった」
「女である私は愛される価値がない」
「女である私に居場所はない」



親のエゴは、残酷。




ケア・メニューはこちら

レイキスクールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

メンタル疲労、心のモヤモヤ、生きづらさの解消に
エネルギーケアをもっと身近に
レイキを暮らしの一部に

自然療法室ゆるりは
セラピスト貴子

逗子市逗子4-12-18-102号室
090-1810-0411
yulureha@gmail.com

関連記事

  1. 輝きを取り戻していく

  2. 自分をよく知り、新しい一歩を踏み出す

  3. 子どもの時に身につけた生き方

  4. 評価の社会を生きる高校生

  5. 期待しすぎない

  6. 愛を他者に注ぐ人

最近の記事

  1. 6月のゆるりは

    2021.05.29

PAGE TOP